#15 昇格試験の合否を分ける3つの要素を「知る」【動画付き】

動画付き

関連動画はこちら
「あたりまえだけど、できてる?合格への前提要素3選」
https://youtu.be/IE4cB3q-oVc

3つの要素をおさらい

 

前のブログで
合格に必要な3つの要素
「知る」「動く」「続ける」
(知識・行動・継続)
についてお伝えしましたが

これらはそのまま
昇格試験の合否を分ける要素
にもなります。

合否を分ける要素

 

<合否を分ける要素>
・知識がない
(知らない、知ろうとしない、
知っているつもり)

・行動がない
(行動しない、行動する気がない、
行動しているつもり)

・継続がない
(続けられない、
続ける工夫をしていない)

大事な要素なので繰り返しますが
今回は「合否を分ける」
という切り口で
それぞれについて説明させて
いただきたいと思います。

知識がないと?

▪️知識がない
(知らない・知ろうとしない
・知っているつもり)

昇格試験についての知識がない
ということは致命的とも言えます。

前にお伝えしたように
地図を持たずに知らない目的地に
たどり着こうという無謀な行為です。

具体的には試験概要を知らない、
試験で何を求められるのか知らない
勉強方法を知らない
合格するためにやることを知らない。

これらを知らなければ
合格できるはずもありません。

そして、これらは知ろうとすれば
得られる情報なのです。
それを得ていないということは
厳しいことを言うようですが
合格したいと口で言っていたとしても
本当は合格するつもりがない
ということになります。

行動がないと?

▪️行動がない
(行動しない・行動する気がない
・行動しているつもり)

そして
勉強という行動をしなければ
絶対に合格できません。

現在位置から目的地まで動かずに
到達することはあり得ないことと
同じです。

この行動に関しては
結局「やるか・やらないか」が
大きなポイントとなります。

このやるかどうかを決めるのは
本人しかできません。

つまり
あなたの意志・意識しだい
ということなのです。

基礎知識やスキルの習得はしたか
能力判定試験の勉強はしたか
小論文を書いたか
これら勉強するための計画を立てたか。

こういった行動の積み重ねが
合否を分けるのです。

継続がないと?

▪️継続がない
(続けられない
・続ける工夫をしていない)

最後に合否を分ける
最も重要なポイントとなる
「継続」があります。

続けるか、続けないかという意識。
続けられるか
続けられないかという工夫。

継続というのは
「行動」を意識と工夫によって
続けていくことです。

この継続は
結局のところ繰り返して
習慣にしなければ身につきません。

この継続という
重要なポイントについては
「意識」が大きく影響します。

これまで折に触れお伝えしてきた
「目的の明確化」です。

これは本当に大事な
合否を分けるポイントなので
これからも何度も
繰り返しお伝えしていきます。

これらは
このブログの軸となる考え方ですので
しっかりと押さえておいてください。

 

なんといっても継続!

継続には工夫も必要!

コメント

タイトルとURLをコピーしました